言語:
血染懸軸(梅椿画)
 
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
1幅
江戸時代
京都国立博物館
M甲162
坂本龍馬が亡くなったのは慶応三年十一月十五日夜のこと。場所は京都河原町蛸薬師の醤油商近江屋の二階のことであった。潜伏先であったこの近江屋二階にはそのとき土佐陸援隊の中岡慎太郎がいたが、複数の刺客の襲撃を受けて両者とも落命した。この掛軸はその部屋の床の間に掛けられていたもので、軸の下部に数滴の血痕が付着している。軸の上部には海援隊士長岡謙吉により追悼文が記されている。