言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
太刀 銘粟田口一竿子忠綱彫同作 宝永六年八月吉
 
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
1口
江戸時代・17世紀
京都国立博物館
E甲313
江戸時代中期に大坂で活動した一竿子忠綱の作刀。晩年作ながら最大作にして典型的作風をみせ、唯一重要文化財に指定される。刃文は逆立つ波濤のような濤欄刃風の互の目。また佩表の剱、佩裏の龍の彫物も見所で、精緻な中にも技巧に走らず気品を漂わせる。このように彫物を行った場合「彫同作」と銘に添え、「一竿子彫」と賞玩されてきた。