言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
木造十二天面(梵天・帝釈天・多聞天・風天・日天・火天・自在天)
もくぞうじゅうにてんめん ぼんてん ていしゃくてん たもんてん ふうてん にってん かてん じざいてん 
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
7面
平安時代・10世紀
京都国立博物館
C甲18
かつて東寺に伝来し、潅頂会に用いられていた十二天面のうちの7面。東寺の潅頂会では、かつて楽人が十二天の装束をして行道を行なったという。作風からみて10世紀末頃の製作と考えられ、永祚元年(989)円融法皇の両部伝法潅頂の時のものとする想定もなされている。