言語:
癡絶道冲墨蹟(淳祐辛丑良月己未)
ちぜつどうちゅうぼくせき(じゅんゆうしんちゅうりょうげつきみ)
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
癡絶道冲
ちぜつどうちゅう
1幅
縦29.2cm 横39.5cm
南宋時代・13世紀
京都国立博物館
B甲770
癡絶道沖(ちぜつどうちゅう:1169~1250)が大慧宗杲(だいえそうこう:大慧派の祖)の法語の後に加えた跋語で、道沖73歳の筆跡。道沖は武信(四川省)長江の人。密庵咸傑(みったんかんけつ)の法孫にあたり、天童山・霊隠寺(りんにんじ)・径山(きんざん)などを歴住し、仏鑑禅師(無準師範:ぶじゅんしはん)と並んで南宋禅林の巨匠と称された。