言語:
教訓抄 巻第十
きょうくんしょう かんだい10
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
豊原兼秋
とよはらかねあき
1巻
紙本墨書
縦30.7cm 横938.0cm
鎌倉時代・14世紀
京都国立博物館
B甲670
天福元年(1233)、狛近真(こまのちかざね)が撰した舞楽、管絃の故実書『教訓抄(きょうくんしょう)』の古写本。奥書により、文保元年(1317)、豊原兼秋(とよはらのかねあき)が書写したことが知られる。紙背には、応永元年(1394)の豊原量秋(とよはらのかずあき)追記の「当道相伝事」がある。