言語:
花園天皇宸翰御消息(八月廿五日)
はなぞのてんのうしんかんおんしょうそく(8がつ25にち)
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
花園天皇
はなぞのてんのう
1幅
紙本墨書
縦30.3cm 横69.7cm
鎌倉時代・14世紀
京都国立博物館
B甲666
元弘元年八月、後醍醐天皇が神器を奉じて笠置山に臨幸せんとしたその日、花園天皇(1297~1348)が弟の尊円親王にあてた消息。洞院公敏・実世がそれに供奉したらしいことなどを驚きと不安の気持ちとともに記す。「只惘然」とあるように、使者からつぎつぎともたらされる情報に当惑していたことをよく示し、元弘の変の緊張した世上をいまに伝える。文面にはその驚愕ぶりが溢れているが、乱れることのない筆運びにはただただ驚かされる。