言語:
後陽成天皇宸翰御消息
ごようぜいてんのうしんかんおんしょうそく
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
後陽成天皇
ごようぜいてんのう
1幅
紙本墨書
縦45.8cm 横131.0cm
桃山時代・16世紀
京都国立博物館
B甲319
後陽成天皇(1571~1617)が文禄元年(1593)、朝鮮への自らの出兵を強行しようとした豊臣秀吉を諫めた消息。その渡海を「無勿躰」、朝家のた めにも天下のためにも「遠慮可然」として、必死に思いとどまるよう諭している。大高檀紙二紙いっぱいにわたって書かれた格調高い筆致は、計算し尽くされた ような余白に映え、すでに独自の境地を得るに至っていたことを示している。時に22歳であった。