言語:
大唐西域記巻第一
だいとうさいいききかんだい1
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
1巻
縦25.6cm 横884cm
平安時代・12世紀
京都国立博物館
B甲96
『大唐西域記』十二巻は、玄奘が渡天十六年間に歴遊したインド・西域の百十余個国と伝聞の二十八個国を見聞した地誌で、仏教の情勢や仏寺仏跡の現状のほかに、地理・風俗・伝説・産業・政治などにわたる詳細な報告書でもある。この写本には、康和4年(1102)四月三日書了の奥書があり、きわめて古い時代の西域配の写本である。