言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
註楞伽経巻第一
ちゅうりょうがきょうかんだい1
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
1巻
縦27.5cm 横2437.0cm
奈良時代・8世紀
京都国立博物館
B甲85
『楞伽阿跋多羅宝経(りょうがあばたらほうきょう)』(劉宋(りゅうそう)・求那跋陀羅(ぐなばつだら)訳)いわゆる『四巻楞伽経』の註釈で、大敬愛寺沙門智厳撰である。経文は一行十乃至十一字詰の大字、註は二行で割註とする。これと僚巻と目されるものには、知恩院の巻第五、根津美術館の巻第七が知られている。巻首序文の前節を欠き、巻末には光緒八年(1882)黎庶昌の識語がある。