言語:
大般若経巻第五百十四
だいはんにゃきょうかんだい514
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
1巻
縦25.3cm 横627.0cm
奈良時代・8世紀
京都国立博物館
B甲51
興福寺永恩具経といわれるものの一巻。貞永2年(1233)、興福寺の蔵司(ぞうす)永恩が、天平及び平安初期の書写大般若経を集めて一具としたところからこの名がある。朱句切点、朱声点、字音のみの墨筆の仮名点(鎌倉期)が施されている。本巻は、奥書より天平2年(730)に「右平群郷都菩臣足嶋」なる者の書写にかかることがわかる。