言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
騎馬武者像
きばむしゃぞう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
1幅
南北朝時代
京都国立博物館
A甲819
この像は従来足利尊氏像と伝称されてきた。けれども上方の花押が足利義詮のものであるため、父の図上に子が花押を据えることに疑問が出され、尊氏に仕えた高師直とする説も出されている。 総髪で、折れた矢を負い、抜き身の太刀を肩にのせるところなど、激しい戦のあとの武将の姿をあらわしており、生彩のある描写によって躍動感が表現されている。