言語:
舟行送別図
しゅうこうそうべつず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
伝周文
でんしゅうぶん
1幅
紙本墨画
縦100.9cm 横29.8cm
室町時代・15世紀
京都国立博物館
A甲674
図上の南江宗の題詩から、本図は子渓という少年が京にかえるに際し、はなむけの意味をこめて贈られたものと知られる。風をうけて進む帆舟と波間で群れる(は南江の別号「巣」を意味する)に去り行く者と見送る者の姿を象徴させている。詩画軸でさかんに描かれた「送別図」の典型的作例である。