言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
黄初平図
こうしょへいず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
雪舟等楊
せっしゅうとうよう
1幅
紙本墨画
縦30.2cm 横30.6cm
室町時代・15世紀
京都国立博物館
A甲383
雪舟(1420~1506?)は相国寺の周文の弟子であったが、周文の師にあたる如拙をも深く敬慕し、その遺作である牧牛図(のちに弟子の雲峰等悦に授与)を愛蔵していたことが知られる。はじめ雪舟が「拙宗」と名乗ったのも、そうした気持ちの表れなのであろう。 本図は、如拙も得意とした梁楷(中国南宋時代の宮廷画家)のスタイルにならったもので、簡潔な筆遣いをもって、石を羊に変える黄初平(中国晋時代の仙人)の姿が躍動的に捉えられている。もとは12点ワンセットとして制作されたが、現在は本図のほか夏珪.玉澗.李唐にならった5点が遺る。