言語:
  次の作品
  < 前の作品  
梅に鴉図
うめにからすず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
伝雲谷等顔
でんうんこくとうがん
6面
紙本金地淡彩
桃山時代・16世紀
京都国立博物館
A甲264
六面にわたる金地の襖に焦墨に近い墨を用いて梅の巨木を描き、幹や枝の片側には胡粉を置いて積雪を表わし、その上に寒さに耐える群鴉を止らせるといういかにも桃山時代らしい緊張感に満ちた図柄であるが、一方では紅梅や点苔が金地に映えて、華やかさも忘れられていない。本図の伝来は小早川隆景が天正16、7 年(1588、89)に筑前に築いた名島城の襖絵が、黒田長政の入城とともに黒田家に伝わることになったといわれ、筆者は小早川隆景の甥の毛利輝元の御用絵師、雲谷等顔とされる。