言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
閻魔天曼荼羅図
えんまてんまんだらず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
1幅
縦125.1cm 横87.4cm
鎌倉時代・13世紀
京都国立博物館
A甲243
水牛に乗る閻魔天を中心に、太山府君(たいざんふくん)、五道大神(ごどうだいじん)ほか十八尊を周囲に配した曼荼羅で、十九位曼荼羅とも呼ばれる。園城 寺の覚猷(かくゆう)がこれを院に奉ったといわれ、園城寺にも同種のものが現存する。台密系の曼荼羅とみなされるが、中尊の閻魔天は髭をたくわえた怒りの 表情をもち、六道絵の閻魔王に移行する過渡的な姿をしている。