言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
公家列影図
くげれつえいず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
1巻
縦36.2cm 全長 521.6cm
鎌倉時代・13世紀
京都国立博物館
A甲233
摂政関白、大臣などの公卿五十七人を、上下二段に、上段は前を向いて、下段は背向して振り向く姿で描くもので、かつて「年中行事着座図巻」と呼ばれていた が、ある時の行事に集う人々を描いたものではなく、公卿の列座影である。宮内庁本天子摂関御影によって像主を見ると、巻首の藤原忠通から、建長4年 (1252)補任の摂関大臣までが描かれている。
筆者を藤原信実と伝えるように、画風は細線をひき重ねて像主の相貌を写し取る似絵の伝統的技法が 生きおり、隆信、信実以来の似絵の家系に筆者を求め得る。束帯の文様に立涌、霊芝、蝶鳥などの伝統的な文様のほか、有職から外れた大根や蕪などを描いてい ることには、これが相貌を後代に伝える意図をもって制作された手控として制作された可能性が考えられる。