言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
狩野探幽像
かのうたんゆうぞう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
伝桃田柳栄
でんももたりゅうえい
1幅
紙本淡彩
縦65.8cm 横48.2cm
江戸時代・17世紀
京都国立博物館
A甲232
狩野探幽(1602~74)は永徳の孫。はじめて江戸幕府の御用絵師となった人。
この肖像は、探幽の門人桃田柳栄の筆と伝え、江戸鍛冶橋狩野(かじばしかのう)に伝来し、文化三年(1806)に焼失した探幽像の草稿といわれている。