言語:
  次の作品
  < 前の作品  
山水図
さんすいず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
雪村周継
せっそんしゅうけい
2幅
紙本墨画淡彩
室町時代・16世紀
京都国立博物館
A甲31
雪村(1504?~?)は常陸国の出身で、若くして出家し、会津.鎌倉・小田原などを遍歴。最晩年には奥州三春の地に隠棲した。雪舟に私淑するかたわら、中国画なども広く学び、この時期の画壇にあっては最も個性的な画風を打ち立てた画僧である。 本図は雪村の比較的早い頃の作例とみなされるもの。岩や楼閣などの表現には雪舟画学習の跡がうかがわれる一方、モチーフを極端にデフォルメするという彼特有の描法も既に披瀝されている。「予は多年雪舟に学ぶといえども画風の懸隔せるを見よ」とは『説門弟資』に載る雪村の言葉だが、まさに本図はそんな彼の自負心を裏づけるものといえよう。