言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
紫地唐草文印金九条袈裟
むらさきじからくさもんよういんきんくじょうけさ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紫地唐草文印金九条袈裟
1領
羅地印金裏-平絹
長231.5幅:右端101.5中央89.8左端92.0
元時代・14世紀
東京国立博物館
TI-421
裏裂を切りとって記された「相伝記」によると、南北朝時代に活躍した春屋妙葩の法衣と伝えられる。これが当時中国からもたらされた袈裟であったことは、田相部の特異な三本捩れの紗の地合、その上に押かれた引き締まった唐草文様の印金、また条葉の一部と縁に用いられた緙絲(綴)などが、いずれも中国・元代染織の特色を示していることによって明らかである。