言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
劉氏残巻
りゅうしざんかん
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紙本墨書劉子(敦煌出土)
1巻
紙本墨書
27.8×412.1
唐時代・7~8世紀
東京国立博物館
TB-1204
古籍を雑採し、融貫して編んだ『劉子』は、『唐志』に初めて著録され、その撰者は詳でない。本巻は敦煌出土の残巻で、晩唐頃の書写と考えられている。前後を欠き、去情第3から思順第9の一部分までを存し、1行に16から17字を入れ、朱墨の書入れがみられる。