言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
竹鶏図
ちくけいず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:絹本淡彩竹鶏図
蘿窓筆
らそう
1幅
絹本墨画淡彩
96.3×42.4
南宋時代・13世紀
東京国立博物館
TA-341
 蘿窓は南宋末の禅僧。杭州西湖の畔の六通寺に住し,水墨画の名手であった牧谿と画意が等しいといわれた。自賛によれば本図は五更(午前四時)の時,未明の幽暗の中に文,武,勇,仁,信の五徳を備えるといわれる鶏を描いたものであるが,その姿は五更の時に大悟した禅僧の姿のようにも思われる。浅野家旧蔵。