言語:
洞山渡水図
どうざんとすいず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:絹本著色洞山渡水図
馬遠筆
ばえん
1幅
絹本墨画淡彩
77.6×33.0
南宋時代・13世紀
東京国立博物館
TA-138
 馬遠は南宋中期を代表する画院画家で山水人物画をよくした。本図は曹洞宗の祖師洞山良价が行脚の途次,水を渡った際に自分の影を見て豁然と大悟した刹那を描いたもので,数少ない馬遠の真蹟の一つとされる。図上には南宋の理宗皇帝の皇后といわれる楊妹子の賛がある。天龍寺所蔵の雲門大師図,清凉法眼禅師図とともに本来は禅宗五祖を描いたものの一つといわれる。田中豊蔵旧蔵品。