言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
寒江独釣図
かんこうどくちょうず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
朱端筆
しゅたん
1幅
絹本墨画淡彩
171.9×109.0
明時代・16世紀
東京国立博物館
TA-121
朱端は海塩(浙江省)の人。明の正徳年間(1506~21)に画院画家となり山水画をよくし「欽賜一樵図書」印を賜った。粗放な筆墨法を特色とする浙派後期を代表する画家である。本図は雪景山水の優品としても知られる朱端の代表作である。曼殊院旧蔵品。