言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
伎楽面 酔胡王
ぎがくめん すいこおう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:木造伎楽面(法隆寺献納)
1面
(伎楽面のうち)
木造彩色
32.6×19.8
飛鳥時代・7世紀
東京国立博物館
N-219
酔胡王主従は伎楽の最後から登場する。赤味のある肌色で、眼に緑青、口に朱、眼の輪郭に細い墨線、二重の上瞼には朱で隈取りを施している。頭部が長く表わされており、この部分は彩色もなく、荒削りのままであり、この上に冠帽を被せたのであろう。