言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
伎楽面 迦楼羅
ぎがくめん かるら
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:木造伎楽面(法隆寺献納)
1面
(伎楽面のうち)
クスノキ製彩色
28.6×22.0
飛鳥時代・7世紀
東京国立博物館
N-215
3D CG movie (YouTube)
迦樓維という名はインドや東南アジア地方でいうガルーダで、古代の神話にでてくる毒蛇を喰う霊鳥である。常に毒蛇などの危険にさらされていた南方の人びとにとっては、このガルーダこそ生命の恩人であり、神格化されるのも当然であろう。仏教にもこれを取入れ、八部衆の一つの組入れられているほどである。その尖った嘴、鋭い目付きなど、南方の強烈な風土のなかを飛びまわって毒蛇を倒すという精悍な鳥の姿をよくまとめあげている。彩色は緑青と朱を基調に、眼の周には群青、眼のなかには金箔を施している。