言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  

のこぎり
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:鋸
1挺
鉄製木柄
全長64.7 柄長37.5
奈良時代・8世紀
東京国立博物館
N-141
 厚手の鋸身は先端部分の刃を欠き、6個の角孔を並列して穿(うが)っている。刃は現状で17個がのこり、前後に「あさり」(歯の振れ)をつけて横挽き鋸としている。木柄ははばきをつけ、目釘孔(めくぎあな)を通してその両端を鉄座金具にからくり留めしている。肉厚な刃からみて実用の鋸とは考えにくく、むしろ儀器とみるべきものであろう。『御宝物図絵』には「上代鋸 五器之御宝物」の一つとして、その図がのせられている。