言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
青磁耳付壺(越州窯青磁四耳壺)
せいじみみつきつぼ(えっしゅうようせいじしじこ)
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:越州窯青磁四耳壺
1口
陶製
口径13.6 胴径22.7 底径10.3 高26.5
唐時代・7世紀
東京国立博物館
N-121
丁子(ちょうじ)とよばれる香料の容器として使用されていた。肩部に「高9寸」「仏」の墨書があり、天平19年(747)の『法隆寺伽藍縁起并流記資材帳』(ほうりゅうじがらんえんぎならびにるきしざいちょう)に「仏分丁子香八十四兩」と記されているのがこれにあたると考えられている。来歴が明らかな世界最古の伝世陶磁器として名高い。口部は盤口(ばんこう)形、左右の肩には二連の耳一対があり、いわゆる古越磁(こえつじ)の流れを汲む青磁である。生産地は浙江(せっこう)省、もしくはその周辺とみられる。