言語:
雞婁鼓胴
けいろうこどう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:奚婁鼓胴
1口
木製漆塗
径22.2 高21.1
鎌倉時代・13世紀
東京国立博物館
N-111
雞婁鼓は、鼓胴(匡)の上下に革を貼り、首から紐で腹前に下げて桴で打ち鳴らす。胴は、桐の一材を轆轤にかけてわずかに左右に扁平な球状に削り、上下に革口を開け、外面に沿って内刳りをほどこす。匡の外面には彩色の痕跡が残り、中程には紐を通すため一対の鉄製鐶金具を止めている。雞婁鼓は唐時代の『薬書』によれば胴部が球体に近いほど古様を示すとされ、この鼓胴は鎌倉時代以前の古様をとどめた貴重な作品といえる。