言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
紅牙撥鏤尺
こうげばちるのしゃく
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紅牙撥鏤尺
1枚
(紅牙撥鏤尺のうち)
象牙製
長29.6 幅2.2 厚0.8
奈良時代・8世紀
東京国立博物館
N-83
赤く染めた象牙に、撥鏤(撥ね彫り)の技法を用いて文様を表わした尺(ものさし)である。表面は、上半部を5つの区画に区切って、宝相華と鴛鴦(おしどり)を交互に配し、下半にも鴛鴦を描く。また、裏面にも、鴛鴦と草花文を表わしている。正倉院宝物の紅牙撥鏤尺によく似ているが、彫法などにやや素朴な趣があり、舶載品に倣(なら)ってわが国で作られたものと考えられる。なお、尺の長さは、当時使用されていた天平尺の標準的な値を示している。