言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
幡垂飾
ばんすいしょく
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
2条
(幡垂飾のうち)
金銅透彫金具装
長130.5 幅(組紐)5.5
飛鳥~白鳳時代・7世紀
東京国立博物館
N-51
 大変鮮やかな赤と淡紅・黄緑・紺の各色糸に、金・銀糸を加えて組みだした一際華麗な唐組と呼ばれる組紐。この唐組の金・銀糸は、絹の芯糸に裁断した箔を巻き付けたいわゆるモール糸が使われている。芯糸には金糸が紅色、銀糸が白色とそれぞれ異なった色の絹糸が用いられている。
 帯の中程を境に、中央部を除く両側には棗形の可愛らしい鈴を、帯の両先端には赤色の糸房を飾ったV字形金具を付けている。両金具の装着に注目すると、帯を中央で結わえたときに、これらの金具が両下方に垂れ下がるような仕様になっている。なお、5㎝以上の幅のある唐組は、正倉院にも例をみない貴重なものといえる。