言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
土偶
どぐう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:土偶
青森県つがる市木造亀ヶ岡出土
1個
土製
高36.7
縄文時代・前1000~前400年
東京国立博物館
J-38392
3D CG movie (YouTube)
 縄文時代晩期の東北地方の亀ヶ岡文化(かめがおかぶんか)に伴う土偶は遮光器土偶(しゃこうきどぐう)と呼ばれ、一般によく知られている。その中でも教科書などに掲載されて最も著名な遮光器土偶が本例である。
 頭には立ち上る煙のような冠状の突起がのせられ、大きくデフォルメされた目とは対照的に、小さく耳や鼻、そして口が表現される。両肩が張った太い胴部に短い手足が付き、突起を伴う隆帯が頸や胸飾りのように貼り付けられている。磨消縄文手法(すりけしじょうもんしゅほう)を用いて雲のような文様を後頭部や肩、そして胴部へと配置して装飾効果を高めている。赤彩が冠状の突起の一部に残ることから、本来は全面が赤く塗られていたと考えられる。
 本例にみられる縄文人の卓越したデザインセンスと造形力は、いまもなお多くの人々に愛され、その一つの形として地元の駅舎のモニュメントとして採用されている。