言語:
埴輪 短甲の武人
はにわ たんこうのぶじん
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:埴輪武装男子像
埼玉県熊谷市上中条出土
1個
高64.2
古墳時代・6世紀
東京国立博物館
J-37057
3D CG movie (YouTube)
同時に出土した埴輪馬とともに重要文化財に指定されている。概ね6世紀前半ころのものであろう。衝角付冑と横矧板鋲留短甲を着用し、左腰には大刀を佩くという完全武装姿ではあるが、丸玉を連ねた首飾りをつけている。目や口を切りこんだ後に表面から若干押さえるつくりは、顔の表情を引き締めることに役立ち印象的な表情となっている。両手および円筒台部の大部分を欠失しているが、本体の保存状況は良好である。短甲の埴輪や挂甲を着用した埴輪男子は多くみつかっているが、短甲を着用した埴輪男子像は例が少なく貴重なものである。