言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
柴垣蔦蒔絵硯箱
しばがきつたまきえすずりばこ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
古満休意作
こまきゅうい
1合
木製漆塗
24.2×22.6×5.3
江戸時代・17世紀
東京国立博物館
H-95
やわらかな角丸(すみまる)の箱の表面には、柴垣に絡む蔦が、実に繊細なタッチで、しかも彩り豊かに描かれている。わずかに嵩(かさ)上げした高蒔絵で柴垣と蔦の葉を描き、葉の一部は、金粉を蒔き残して淡い朱の色を滲ませる。形式化した伝統様式の蒔絵を見慣れた目には、この絵画的で、叙情あふれる表現は、なんとも魅力的なものと映っただろう。
なお、この硯箱の蓋裏には、「古満休意作 同休伯安章極之(花押)」の金蒔銘があり、初代休意の作品を3代休伯が極めたのであることがわかる。