言語:
黄釉銹絵梅樹文大瓶
おうゆうさびえばいじゅもんたいへい
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
初代宮川香山作
みやがわこうざん
1口
高52.1口径14.5胴径25.8
明治25年(1892)
東京国立博物館
G-139
宮川香山(1842〜1916)は真葛長造(九代茶碗屋長兵衛)の四男として京都に生まれた。万延元年(1860)家業を継ぎ、煎茶器を作り、幕末には備前虫明窯などで指導にあたった。明治4年(1871)輸出用陶磁器の製造を目的として、横浜で真葛焼を開窯。京焼風の色絵磁器・薩摩錦手・青磁・白磁・染付・黄釉・精密画・浮彫りなど多彩な技法による焼物を作った。9年のフィラデルフィア万博で受賞、11年、22年の2度のパリ万博ではともに金賞を受賞するなど、国内外で当時最も声価の高い人物であった。
1983年シカゴ・コロンブス世界博覧会においても、香山は『臨時博覧会事務局報告』では「殊ニ好評ヲ博ス」とされた作品中「真葛香山ノ作龍ニ青海波ノ花瓶、陶磁器百種類聚花瓶、磁器百種」で筆頭に掲げられ、塩田真の講話でも竹本隼太、井上良齋とともに三傑にあげられる。
この作品は、腰にゆったりとした膨らみをもたせ、頸へ向かってすぼまり、口がラッパ口となる、いわゆる玉壺春形という中国陶磁の形をとり、そこに梅を描く構成にも中国陶磁の粉彩の影響が見られる。高火度釉で黄色の地とし、そこに墨絵風に銹絵の梅樹を描き、梅花は白く抜いて、白梅とする。他の美術館陳列作を現在実際に見ることはできないが、その名称やその時代の記事等から推測する限り、全般に中国陶磁を強く意識して作られている。
明治29年、香山は濤川惣助、並河靖之、岸竹堂といった人々とともに帝室技芸員に任命されている。