言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
刀 銘左兵衛尉藤原国吉(号鳴狐)
かたな めいさへえのじょうふじわらくによし ごうなきぎつね 
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:刀 銘左兵衛尉藤原国吉
粟田口国吉
あわたぐちくによし
1口
刃長54.0 反り1.5
鎌倉時代・13世紀
秋元家伝来、渡邊誠一郎氏寄贈
東京国立博物館
F-20111
平造(ひらづくり)の短刀を大きくして反りをつけたような姿で、鎌倉時代に打刀(うちがたな)と称していたものと思われる。鎌倉時代の作品としては珍しいものである。山城国の粟田口派(あわたぐちは)の国吉は、則国の子と伝え、銘から藤原氏で左兵衛尉(さひょうえのじょう)を称していたことが知られる。その作風は、地鉄(じがね)がよく約(つ)んで冴え、小沸(こにえ)出来の直刃(すぐは)の刃文(はもん)を焼いたものとなる。鳴狐の号の由来は明らかではないが、出羽国山形藩の秋元家に伝来した。