言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
太刀 銘備中国住守次作 延文二年十二月日
たち めいびっちゅうこくじゅうもりつぐさく えんぶんにねんじゅうにがつにち
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:太刀 銘備中国住守次作、延文二年十二月日
青江守次
あおえもりつぐ
1口
刃長86.0 反り3.2
南北朝時代・延文2年(1357)
渡邊誠一郎氏寄贈
東京国立博物館
F-20108
 刃長が長く、身幅が広く、鋒(きっさき)が延びた太刀で、製作当初のままの姿をよく留めている。地鉄は小板目肌がよく約(つ)んで棒映りがよく立ち、刃文(はもん)は匂口(においくち)が締まった直刃(すぐは)の刃文を焼いている。守次には鎌倉時代中期の青江派にも同名の刀工がいるが、この守次は南北朝時代の青江派刀工である。