言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
短刀 銘吉光(名物岩切長束藤四郎)
たんとう めいよしみつ いわきりながつかとうしろう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:短刀 銘吉光
藤四郎吉光
とうしろうよしみつ
1口
刃長23.3
鎌倉時代・13世紀
渡邊誠一郎氏寄贈
東京国立博物館
F-20104
藤四郎吉光は山城国・粟田口派の刀工で、則国の門あるいは国吉の門ともいわれている。古来より短刀の名手として名高く、相州正宗、鄕(江)義弘と並んで三作と称され、『享保名物帳』に記載されている作品も極めて多い。この短刀は、同帳では、「岩切長束藤四郎」とあり、「岩切」の由来は不明であるが、豊臣秀吉から長束正家が拝領し、福島正則に移り、後に奥平家の所有となった。この短刀は、吉光としては小振りなもので、小板目の地鉄(じがね)に小沸(こにえ)出来の直刃(すぐは)の刃文(はもん)を焼き、吉光の特徴が顕著である。本阿弥家、11代光温(こうおん)による慶安元年(1648)の折紙(おりがみ)が附属する。