言語:
  次の作品
  < 前の作品  
太刀 銘康次
たち めいやすつぐ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:太刀 銘康次
古青江康次
こあおえやすつぐ
1口
刃長73.6 反り2.4
鎌倉時代・13世紀
東京国立博物館
F-19831
青江派は備中国青江で栄えた一派で、平安時代末期から南北朝時代までの作品が残る。鎌倉時代中期までのものを古青江、鎌倉時代末期のものを中青江、南北朝時代のものを末青江と呼んでいる。康次は、貞次、恒次らとともに古青江を代表する刀工である。この太刀は、腰反りがついた鎌倉時代初期の姿を呈し、地鉄(じがね)は、縮緬肌(ちりめんはだ)と呼ばれる杢目肌(もくめはだ)が細かく肌立った青江派独特のものとなっている。刃文(はもん)は小乱刃(こみだれは)で、小沸(こにえ)がよくつき、小足(こあし)が盛んに入っている。古青江の作品は在銘作品が少なく、康次の作品としても優れたものである。