言語:
古本説話集
こほんせつわしゅう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:古本説話集
1帖
紙本墨書
23.3×14.8
鎌倉時代・13世紀
東京国立博物館
B-3182
本来の書名は不明であるが、平安時代の貴族・文人・女房・仏事・僧侶などに関する説話を集めた『古本説話集』と呼ばれる。本文の前半は和泉式部・清少納言・紀貫之・藤原公任などから樵夫・貧女までの和歌説話46話、後半は仏教説話24話を集める。3人の能書の寄合書で書写された綴葉装(てっちょうそう)の冊子本である。