言語:
無名抄
むみょうしょう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:無名抄
1帖
紙本墨書
24.7×16.3
鎌倉時代・14世紀
東京国立博物館
B-3181
 「無名抄」は建暦2年(1212)頃、鴨長明によって書かれた歌論書である。その内容は約80段からなり、和歌の故実・解釈・語録などを記す。同時代の歌論書のなかでは、もっとも説話的・文学的傾向を帯びる。現在数種の系統の写本が知られるが、本書は鴨長明の著述年代に近いとされる最古写本である。
1949.02.18(昭和 24.02.18)指定。