言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
古今和歌集
こきんわかしゅう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紙本墨書古今集
二条為明筆
にじょうためあき
1帖
紙本墨書
24.9×15.8
鎌倉時代・14世紀
東京国立博物館
B-3115
二条為明(1295~1364)は二条為藤(?~1324)の息子で歌人。『新拾遺和歌集』の撰者となるが完成前に没したため、頓阿(南北朝時代の歌人、1289~1372)が引き継いだ。為明の書は、自署のある「詠草」(個人蔵)が残されており、法性寺流や定家流の影響が見られる。
本帖には、元亨4年(1324)書写の奥書と二条為世、二条為定らの伝授奥書、さらに、貞応2年(1223)7月23日の藤原定家(1162~1241)の本奥書が記されている。