言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
本朝文粋巻十三残巻
ほんちょうもんずい
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:本朝文粋巻十三残巻
1巻
紙本墨書
27.5×1438.0
鎌倉時代・正安元年(1299)
東京国立博物館
B-3107
『本朝文粋』は、藤原明衡(ふじわらのあきひら、989?~1066)が11世紀中頃に、弘仁年間(810-824)から長元年間(1028-37)にいたる日本人の漢詩文432編を、中国の「文選」を規範とした39の部門に収めた日本最初の詩文の編纂書である。全14巻。このうち巻第13は願文を収録していたためよく利用された。
本巻は巻首をやや欠くが、一筆で正安元年(1299)に書写された。また本文中には同時期に付けられた仮名や返点、声点、訓点なども見られ、鎌倉時代の紀伝読法を知りえるのみならず、後人の文章作成の典範となった点で貴重である。