言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
古今和歌集巻第十九断簡(高野切本)
こきんわかしゅうまきだいじゅうきゅうだんかん(こうやぎれぼん)
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:古今和歌集巻第十九断簡(高野切)(よみひとしらす)
伝紀貫之筆
きのつらゆき
1巻
紙本墨書
26.3×59.0
平安時代・11世紀
森田竹華氏寄贈
東京国立博物館
B-2983
「高野切」は『古今和歌集』の現存最古の写本であり、古筆切の名跡として著名である。もと20巻を揃えた巻子本(かな序を1巻とすれば21巻)で、3人の寄合書と考えられている。書風は第1種・第2種・第3種に分類され、本作品は第3種の書風で、切れ味の鋭い筆線を駆使しながら、明るく流動美に溢れている。
洗練された優麗典雅な書風は、かな古筆の頂点を示すものである。
「高野切」の名の由来は、豊臣秀吉が高野山の木食応其に与えたことにちなむ。