言語:
書状
しょじょう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紙本墨書伏見天皇宸翰御消息(宮出家事云々)
伏見天皇筆
ふしみてんのう
1巻
紙本墨書
33.9×212.7
鎌倉時代・14世紀
東京国立博物館
B-2421
伏見天皇(1265-1317)は、後深草天皇の第2皇子で第92代の天皇。鎌倉時代中期の能書として、その名が高かった。漢字・かなともに巧みで、多くの遺品が確認されている。この長文の消息は「宮出家事、所存之趣云々」で始まるが、「宮出家」とは、天皇の第6皇子・尊悟入道親王(1300-59)の出家をさすものといわれる。親王の出家が正和2年(1312)であることから、本消息は天皇48歳の筆であることがわかる。