言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
内証仏法相承血脈譜
ないしょうぶっぽうそうしょうけちみゃくふ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:内証仏法相承血脈譜
1巻
紙本墨書
27.8×1109.0
平安時代・12世紀
東京国立博物館
B-1037
弘仁10年(819)12月、最澄が南都の僧綱からの反論に答えて、天台法華宗の正統性を明らかにするために撰述した、三国(天竺・震旦・日本)仏法の相承を示す系譜。翌年2月に『顕戒論』とともに嵯峨上皇に上進された。達磨大師付法相承師々血脈・天台法華宗相承師々血脈・天台円教菩薩戒相承師々血脈・胎蔵金剛両曼荼羅相承師々血脈・雑曼荼羅相承師々血脈の五種類の血脈譜により、円蜜禅戒の四種法門が、いずれも天竺・震旦を経て最澄自身に伝授されたことを示している。
本巻は、京都・妙法院が所蔵する写本(重要文化財、平安時代末期書写)とともに、平安時代末期に書写された古写本として重要である。