言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
葡萄図
ぶどうず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:絹本淡彩葡萄図
立原杏所筆
たちはらきょうしょ
1幅
絹本淡彩
89.7×40.1
江戸時代・天保6年(1835)
東京国立博物館
A-12101
立原杏所(1786~1840)は水戸藩の儒者立原翠軒(すいけん)の子。画ははじめ林十江(はやしじっこう)に学んだが、のち江戸に移ってから谷文晁(たにぶんちょう)の門にも遊んだ。彼の作風は概して謹直で穏やかであるが、酔いにまかせて描いた本図では、めずらしく大胆で奔放な筆致を見せている。