言語:
  次の作品 > 
  < 前の作品  
松巒古寺図
しょうらんこじず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紙本淡彩松巒古寺図
田能村竹田筆
たのむらちくでん
1幅
紙本墨画淡彩
135.2×30.3
江戸時代・天保4年(1833)
東京国立博物館
A-12098
田能村竹田(1777~1835)は豊後(大分県)岡藩の儒者であったが、藩政への不満から辞職し、詩画三昧(ざんまい)の世界に余生を送った。この作品は頼山陽(らいさんよう)および青木木米との親交を裏付けるもの。山陽の求めで描き、上京の際に持参したが、すでに山陽が没して数ヵ月を経ていたため、木米に贈ったことが、賛に記されている。