言語:
  次の作品
  < 前の作品  
商山採芝図
しょうざんさいしず
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紙本墨画商山採芝図
一庵一如賛
いちあんいちにょ
1幅
紙本墨画
80.2×34.2
室町時代・15世紀
東京国立博物館
A-11965
賛者の一庵一如は明の使節の1人として応永9年(1402)来日、翌10年に帰国した中国人禅僧で、本図の賛をその間のものとすれば、図の制作時期もその頃と考えられる。賛詩は『採芝操(さんしそう)』(楽府、琴曲歌辞の名)の「曄曄紫芝、可以療飢」を引き、商山四皓(しょうざんしこう)を主題とすることが判る。商山四皓は秦末、世の乱を避けて商山に隠れた4人の老人で皆髪が白かったために皓と呼ぶ。画面には2人しか描かれていないので対になるもう1幅があったとも考えられる。画の様式は古く、14世紀後半の雰囲気をもつ。