言語:
月次風俗図屏風
つきなみふうぞくずびょうぶ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紙本著色月次風俗図
8曲1隻
紙本着色
67.3×41.8
室町時代・16世紀
東京国立博物館
A-11090
 公卿から庶民に及ぶ各層の月次の風俗を描く八図を貼り付けた小屏風。平安時代に盛行した大和絵の古典的ジャンルである月次絵の伝統をひくものであるが、人物の労働や遊楽の有様に強い関心が注がれ、近世初期風俗画の成立につながる傾向を感じさせる。