言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
釈教三十六歌仙絵巻
しゃっきょうさんじゅうろっかせんえまき
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
1巻
紙本淡彩
28.3×189.6
南北朝時代・14世紀
東京国立博物館
A-10485, A-10486
 鎌倉末期に入ると、為家本や二首本と呼ばれる白描体の歌仙絵がみられるが、南北朝時代には、更に変化に富んだ藤房本や木筆飛白体の歌仙絵、類似歌仙と称される釈教歌仙や女房歌仙絵へと展開する。
 釈教三十六歌仙絵巻は、勧修寺の栄海が撰したもので、序文に撰出の趣旨を記し、その終りの部分に「貞和三ノトシ(1348)ヤ(ヨヒ)ノ廿日アマリノ比(ころおひ)」に「歌仙ノスガタヲエラビテ仏徳三十六」を示したとある。栄海は、この5ヵ月後に没しているので、この間に描かれたものであろう。
現存の遺品は残巻や断簡で、仏家三36人のうち達磨和尚、聖徳太子、弘法大師、大僧正行基、玄賓僧都など10人をのせるに過ぎないが、狩野常信の縮図が残っていて、歌も像容とも、その全貌をしることができる。歌仙絵としての華やかさはないが、俗界をさけたもの侘びた趣がよく現れている。